相続のお仕事

相続業務に関しては、複数の士業が業際毎にお仕事が発生します。

通常お葬儀を終えられた後の相続手続きは、実に90項目以上になります。
葬儀後すぐに、ご遺族は様々な手続きに追われるのが現実です。
「何からはじめればいいのか……」、「誰に相談すればいいのかわからない……」と、悲しむ間もなく、公正遺言証書の有無の確認、相続人の確定、相続財産の調査、準確定申告、遺産分割協議など、やらなくてはならない業務が山積みです。
特に不動産が関係する相続手続きや家庭裁判所への申し込みが必要となる相続放棄の手続きは、施主がご自身で行われるのはたいへんな困難が予測されます。

ご遺族の葬儀後の生活の安定を考えると、まず遺族に100%関係のある相続人の確定、遺産分割協議書の作成ができる行政書士が窓口となり、業際毎に、司法書士、税理士とつなぐのが多くみられる構図です。

相続の主な業務

士業ごとの対応領域

職務領域と専門分野